a0002_005125自動車の運転者は、その自動車の運転時には歩行者を保護する運転をしなければいけません。特に歩いている人と自動車が接触しやすい歩道がない狭い道路などでは接触事故が起きやすいとされていますから、歩いている人との距離などを注意をしながら徐行や速度を落とした運転をする必要があります。

 
特に高齢者などの場合は歩いている最中にふらついたりする危険性もあります。その脇を走る場合にはできるだけ速度を落とし、徐行をして歩いている人との距離を開けるなどの走行を心がける必要があります。

 
また、歩いている人が横断を待っている場合には、後続車との距離の問題もありますが、できる限り先に歩いている人を優先で先に渡らせてあげてから、自動車も走行するなど歩いている人を優先で行動することが求められています。

 
確かに歩いている人や自転車の中にはマナーが悪い人もいますし、自転車に限って言えば自転車も車両の一つであるため、道路の走行には法令に従って走行をする必要があります。

 
小さな子供たちはもちろんのこと、自転車に乗せてもよいのかどうか特に小学校や中学校などにおいても、しっかりと運転のマナーを教える場を設けるなどの対策が重要となります。