» 未分類のブログ記事

聴覚障害者マークとはその名前が示す通り、聴覚に障害がある人が自動車の運転をする時に提示することを義務付けられているマークのことです。
このマークは蝶々のような形をしていて、普段あまり見かけない標識になっています。

 

 

聴覚障害者が運転をする時にはこのマークを提示することが義務になっているため、違反をした場合には違反点数や反則金が課せられることになっています。
また、このマークを提示している車に対して他のドライバーは注意を払わなければ行けない義務を追うことになり、初心者マークと同様に幅寄せや割り込みなどをしてはいけないことになっています。

af0100007666l
このマークを提示している自動車に対して気をつけることは、まず車間距離を取ることも大事ですができるだけ死角に入り込まないことが重要です。
一般のドライバーというのは視力だけではなく、音でも周囲の状況を把握しているため、視界に自動車が居なくても音で認識をすることができます。
しかし、聴覚障害者は頼りになるのが視界しか無いため、死角に入り込まれてしまうと完全に車の気配を察することができなくなってしまいます。
そのため、このマークを提示している車がいた時には死角に入り込まないように注意しましょう。

身体障害者標識(身体障害者マーク)は、道路交通法の規定にもとづき、身体障害者が運転する車両の前後の見やすい位置に掲示される標識のことで、青地に白色の四つ葉のクローバーがあしらわれたものです。一般にはそのデザインから「四つ葉マーク」や「クローバーマーク」などとも呼ばれています。
このマークは、肢体不自由を理由として運転免許の条件を付されている人が努力義務として掲示することとされているもので、掲示しないことによる本人への罰則はありません。あくまでも手や足に障害があるなどの肢体不自由が前提であるため、心臓ペースメーカーを装着しているなどのいわゆる内部障害は対象となりません。また、聴覚障害者については、緑地に黄色のちょうちょのようなデザインの「聴覚障害者標識(聴覚障害者マーク)」が別途定められているため、このマークの対象外となっています。

 
ただし、一般のドライバーには、初心者マークや高齢者マークと同様に、このマークを掲示している車両を保護する義務が課せられており、側方への幅寄せや割り込みなどの危険な行為を行った場合には、初心運転者等保護義務違反などの道路交通法違反となり、反則金や行政処分(減点)の対象となります。

高齢者マークとはその名前の通り70歳以上の高齢者が自動車を運転する時に、掲示することを義務付けられたマークのことを言います。
このマークはもみじマークとも、呼ばれていることもあります。

 

 

現在このマークの掲示は義務ということにはなっていますが、あくまでも努力義務ということになっていて掲示しなくても罰則を受けるということはありません。
しかし、他のドライバーがこのマークを掲示している車に対して幅寄せや、割り込みなどを行うと違反点数と反則金が課されてしまいます。

 
このマークを付けた自動車が周囲にいた時の注意として、できるだけ車間距離を空けるということが重要な事になって来ます。
高齢者は判断能力や運動能力が低下しているため、とっさなことに反応ができず交通事故を起こす可能性が高いため、それに巻き込まれないためにも距離をあけることが重要です。
また、高齢者は視力は聴力なども弱っていることが多いため、高齢者の車に接近をしても高齢者は周囲の車に気づかずに、進路変更などを行う可能性もあり、そのような時に接触などを起こして事故になってしまうことも十分に考えられるだけに、このマークが付いている車両があった時には安全な距離をあけるようにするとよいでしょう。

初心者マークとは普通免許を取得してから、一年未満のドライバーが運転をする時に掲示することを義務付けられているマークのことで若葉マークなどとも呼ばれています。

 

このマークは車両の前後の視認性の良い場所に掲示することが義務付けられていて、違反をしてしまうと違反点数と反則金が課されてしまうため注意をすることが必要です。

 
また、このマークは初心者だけではなく周囲のドライバーに対しても、注意を払う義務が生まれるため、幅寄せや割り込みなどを行うと違反点数が課されることになってしまいます。

af0060020114m

このマークを貼り付けた車の周囲を、走行するときの注意としてはまず第一にできるだけ車間距離を開けるということです。
相手は不慣れな人間が運転をしているため、一般ドライバーと違い予測不可能な動きをしてくる可能性が高いためです。
また、車両間隔を詰め過ぎると初心者はそれをプレッシャーに感じてしまい、運転ミスをしやすく事故を起こしてしまいやすくなり、それに巻き込まれてしまう可能性もあるだけに、普段以上に車間距離を空けるのは重要な事になります。

 
また、できるだけ並走するような状況も好ましくなく、常に相手の視界に入る位置で走行をするとよいでしょう。

初心運転者の保護について

| 未分類 |

自動車運転免許を取得してから1年以内の人は、自動車に乗る際に初心者マークいわゆる双葉マークをその乗る車の前後ろなど見える場所に貼っておく必要があります。通常マグネットですから簡単にはがせますし、他の人が乗るときにはそれを2枚ともはがして運転すればいいだけです。

 
この双葉マークを付けて運転している人に対しては、周囲のドライバー側がある程度は気を付ける必要があります。たとえば後ろの車は車間距離を少し長めにとってみたりすることです。間違っても後ろからあおるような運転は避ける必要があります。後ろからあおられたりすると運転に慣れている人でも緊張したり、あるいはいらいらすることになります。その結果追突事故であったり、自動車同士の接触事故などにつながる恐れも十分にありえます。

 
速度についても注意が必要です。車間距離を開けることにもつながりますが、前をゆっくりと走っているからといって、追い越しをするのは通常あり得ることですが、追い越してその双葉マークの前に出る際にも少し距離が取れている状態で走るなどの配慮は必要です。もしその追い越し時に元の車線に戻った時に追突される危険性もありますから、できるだけ距離を置いてから元の車線に戻るようにするなどの配慮が必要です。

車を運転する際に歩行者などの交通弱者に配慮することはドライバーとしての最低限のマナーといえますが、道路交通法でもこのことを明確に定めています。

 
目が見えない人は、白杖とよばれるつえを携行するか、または盲導犬を連れて歩行しなければならないと定められており、ドライバーからも明らかに視認できます。また、児童・幼児については、法律上は13歳未満の子供のことをいい、保護者などは交通の頻繁な道路や踏切などの場所を付き添いなく歩行させないよう定めていますが、他の場所ではひとりで歩行することもあるでしょう。

af0060019988m
このような目の見えない人や付き添いのない児童・幼児が通行している場合、運転者が順守しなければならない義務として、一時停止または徐行をして、通行を妨げないようにすることがドライバーには求められています。その他の高齢者、身体障害者などの通行に支障がある歩行者に対しても同様の規定が置かれています。

 
なお、法律にいう「歩行者」には、車いす、歩行補助車等、ベビーカーが含まれており、これらは歩道を通行してよいことになっています。「歩行補助車等」には人力で押すタイプのもののほか、高齢者がよく用いている原動機がついたいわゆるシルバーカーも該当しています。

 

横断中の歩行者の保護について

| 未分類 |

自動車と歩行者が事故を起こすと、深刻な結果を招くことは明らかです。したがって道路交通法においても歩行者を保護する規定がたくさん設けられています。

 
たとえば街中でよく見られる横断歩道や自転車横断帯。これらに車で接近した際の運転の仕方も、きちんと道路交通法により定められています。まずこれらの場所は、歩行者などがいないことが明らかな場合にのみ、そのまま進行することができるところということを覚えていなければいけません。つまり明らかでない場合はそのまま進行してはいけないのです。道路交通法では歩行者などの存在が明らかでない場合は、それらのすぐ手前で停止できるように減速しておくことを求めています。もちろん横断者がいる場合や、渡りかけようとしている人がいる場合は、手前で一時停止して横断を優先させてあげなければいけません。

 
またこれらの場所以外でも、歩行者を保護する規定は存在します。横断専用の場所が無い交差点などを歩行者が横断している場合でも、車はその横断を妨げてはいけません。さらに身体に障害を持つ人や高齢者、児童、幼児などが歩いている場合も、一時停止や徐行するなどして通行を妨げないようにするという義務が運転者には課せられているのです。

歩行者と間隔をあけて運転しなくてはいけません。

 

間隔が十分に取れていると自分で思っても、相手は動く物体であり、予測ができない部分があります。

 

自分が想像する以上に取っておいた方がいいでしょう。飛び出しそうな人や、体が不自由な人、子供など、様々な人が路上にはいます。

 

そうした人が常にいるものだと思って運転をしなくてはいけません。

af0060019972l

路上から車道へ出る際には、様々な理由がありますが、走行している人にとっては考えられない状況で路上へ出てくる人もいます。

 

注意をし過ぎて確認のし過ぎで事故を起こすのは論外ですが、ある程度の注意を払いながら走行する必要があります。

 

近年は交通事故は減ってきています。しかしだからと言って油断をするのは禁物です。

 

事故の中でも一番してはいけないのは人身事故です。人を撥ねてしまうというのは相当なことです。

 

自動車保険においても人身事故を起こしてしまっては自動車保険にも限度額があり、その限度額を超す賠償金を支払わなくてはいけないケースもあります。

 

また、人を傷つけてしまったという事実は一生消えません。かなりの精神的負担になることは間違いありません。

 

そうした人身事故を起こさないためにも、安全に車を走行させる必要があります。

運転者と歩行者のマナーについて

| 未分類 |

運転者は歩行者に十分気を付けながら運転をしなければいけません。特に車道が狭い場所などは注意して走行しないと高齢者などの場合はふらっと横にこけそうになる場合もあります。狭い道路ではできるだけ速度を落として、またそうした狭い道路では自転車などで飛出しをしてくる学生なども多くいますから、特に注意して運転をする必要があります。

 
最近では自転車のマナーの悪さが目立つと言われています。特にスピードが出やすいもともと競技者用の自転車があり、あえてブレーキを付けないことで速度が出ることを楽しむ人もいますがこれは違法行為であり、速度が出すぎてブレーキがない場合特に危険となります。

 
自転車も車両としての扱いになります。法律をしっかりと守る必要が当然あります。特に子供たちのマナーの悪さが問題となっている場合もあり、本来であれば子供たちにしっかりとした知識を教えないといけないわけですが、そうしたことを全くしていないところがあります。義務教育などではこうしたルールなどを教える学校や地域がある一方で、まったくそうしたことに興味がない学校や地域もあります。

 
こうした差によっても、将来大人になって交通事故を起こしてしまう可能性が増減するのではないかとも言われています。