聴覚障害者マークとはその名前が示す通り、聴覚に障害がある人が自動車の運転をする時に提示することを義務付けられているマークのことです。
このマークは蝶々のような形をしていて、普段あまり見かけない標識になっています。

 

 

聴覚障害者が運転をする時にはこのマークを提示することが義務になっているため、違反をした場合には違反点数や反則金が課せられることになっています。
また、このマークを提示している車に対して他のドライバーは注意を払わなければ行けない義務を追うことになり、初心者マークと同様に幅寄せや割り込みなどをしてはいけないことになっています。

af0100007666l
このマークを提示している自動車に対して気をつけることは、まず車間距離を取ることも大事ですができるだけ死角に入り込まないことが重要です。
一般のドライバーというのは視力だけではなく、音でも周囲の状況を把握しているため、視界に自動車が居なくても音で認識をすることができます。
しかし、聴覚障害者は頼りになるのが視界しか無いため、死角に入り込まれてしまうと完全に車の気配を察することができなくなってしまいます。
そのため、このマークを提示している車がいた時には死角に入り込まないように注意しましょう。