歩行者と間隔をあけて運転しなくてはいけません。

 

間隔が十分に取れていると自分で思っても、相手は動く物体であり、予測ができない部分があります。

 

自分が想像する以上に取っておいた方がいいでしょう。飛び出しそうな人や、体が不自由な人、子供など、様々な人が路上にはいます。

 

そうした人が常にいるものだと思って運転をしなくてはいけません。

af0060019972l

路上から車道へ出る際には、様々な理由がありますが、走行している人にとっては考えられない状況で路上へ出てくる人もいます。

 

注意をし過ぎて確認のし過ぎで事故を起こすのは論外ですが、ある程度の注意を払いながら走行する必要があります。

 

近年は交通事故は減ってきています。しかしだからと言って油断をするのは禁物です。

 

事故の中でも一番してはいけないのは人身事故です。人を撥ねてしまうというのは相当なことです。

 

自動車保険においても人身事故を起こしてしまっては自動車保険にも限度額があり、その限度額を超す賠償金を支払わなくてはいけないケースもあります。

 

また、人を傷つけてしまったという事実は一生消えません。かなりの精神的負担になることは間違いありません。

 

そうした人身事故を起こさないためにも、安全に車を走行させる必要があります。