高齢者マークとはその名前の通り70歳以上の高齢者が自動車を運転する時に、掲示することを義務付けられたマークのことを言います。
このマークはもみじマークとも、呼ばれていることもあります。

 

 

現在このマークの掲示は義務ということにはなっていますが、あくまでも努力義務ということになっていて掲示しなくても罰則を受けるということはありません。
しかし、他のドライバーがこのマークを掲示している車に対して幅寄せや、割り込みなどを行うと違反点数と反則金が課されてしまいます。

 
このマークを付けた自動車が周囲にいた時の注意として、できるだけ車間距離を空けるということが重要な事になって来ます。
高齢者は判断能力や運動能力が低下しているため、とっさなことに反応ができず交通事故を起こす可能性が高いため、それに巻き込まれないためにも距離をあけることが重要です。
また、高齢者は視力は聴力なども弱っていることが多いため、高齢者の車に接近をしても高齢者は周囲の車に気づかずに、進路変更などを行う可能性もあり、そのような時に接触などを起こして事故になってしまうことも十分に考えられるだけに、このマークが付いている車両があった時には安全な距離をあけるようにするとよいでしょう。