運転者と歩行者のマナーについて

| 未分類 |

運転者は歩行者に十分気を付けながら運転をしなければいけません。特に車道が狭い場所などは注意して走行しないと高齢者などの場合はふらっと横にこけそうになる場合もあります。狭い道路ではできるだけ速度を落として、またそうした狭い道路では自転車などで飛出しをしてくる学生なども多くいますから、特に注意して運転をする必要があります。

 
最近では自転車のマナーの悪さが目立つと言われています。特にスピードが出やすいもともと競技者用の自転車があり、あえてブレーキを付けないことで速度が出ることを楽しむ人もいますがこれは違法行為であり、速度が出すぎてブレーキがない場合特に危険となります。

 
自転車も車両としての扱いになります。法律をしっかりと守る必要が当然あります。特に子供たちのマナーの悪さが問題となっている場合もあり、本来であれば子供たちにしっかりとした知識を教えないといけないわけですが、そうしたことを全くしていないところがあります。義務教育などではこうしたルールなどを教える学校や地域がある一方で、まったくそうしたことに興味がない学校や地域もあります。

 
こうした差によっても、将来大人になって交通事故を起こしてしまう可能性が増減するのではないかとも言われています。