初心者マークとは普通免許を取得してから、一年未満のドライバーが運転をする時に掲示することを義務付けられているマークのことで若葉マークなどとも呼ばれています。

 

このマークは車両の前後の視認性の良い場所に掲示することが義務付けられていて、違反をしてしまうと違反点数と反則金が課されてしまうため注意をすることが必要です。

 
また、このマークは初心者だけではなく周囲のドライバーに対しても、注意を払う義務が生まれるため、幅寄せや割り込みなどを行うと違反点数が課されることになってしまいます。

af0060020114m

このマークを貼り付けた車の周囲を、走行するときの注意としてはまず第一にできるだけ車間距離を開けるということです。
相手は不慣れな人間が運転をしているため、一般ドライバーと違い予測不可能な動きをしてくる可能性が高いためです。
また、車両間隔を詰め過ぎると初心者はそれをプレッシャーに感じてしまい、運転ミスをしやすく事故を起こしてしまいやすくなり、それに巻き込まれてしまう可能性もあるだけに、普段以上に車間距離を空けるのは重要な事になります。

 
また、できるだけ並走するような状況も好ましくなく、常に相手の視界に入る位置で走行をするとよいでしょう。