初心運転者の保護について

| 未分類 |

自動車運転免許を取得してから1年以内の人は、自動車に乗る際に初心者マークいわゆる双葉マークをその乗る車の前後ろなど見える場所に貼っておく必要があります。通常マグネットですから簡単にはがせますし、他の人が乗るときにはそれを2枚ともはがして運転すればいいだけです。

 
この双葉マークを付けて運転している人に対しては、周囲のドライバー側がある程度は気を付ける必要があります。たとえば後ろの車は車間距離を少し長めにとってみたりすることです。間違っても後ろからあおるような運転は避ける必要があります。後ろからあおられたりすると運転に慣れている人でも緊張したり、あるいはいらいらすることになります。その結果追突事故であったり、自動車同士の接触事故などにつながる恐れも十分にありえます。

 
速度についても注意が必要です。車間距離を開けることにもつながりますが、前をゆっくりと走っているからといって、追い越しをするのは通常あり得ることですが、追い越してその双葉マークの前に出る際にも少し距離が取れている状態で走るなどの配慮は必要です。もしその追い越し時に元の車線に戻った時に追突される危険性もありますから、できるだけ距離を置いてから元の車線に戻るようにするなどの配慮が必要です。